法定看板

法定看板の役割

法定標識のことを通称「金看板」と言っています。はっきりした由来を示す物はありませんが、昔の看板には実際金箔が使われており、非常に凝った作りになっておりました。特に薬屋さんの看板には金箔を貼ったものが多かった様です。落語にも金看板・銀看板の内容が出てくる話があります。商売上、縁起が良く商売繁盛を願うことと、社名看板同様に会社の顔になる標識なので金看板と言うようになったのではないでしょうか。金箔では高価な物になるので真鍮等が使われたりと、現在はさまざまな素材を用いた形になっております。

施工事例

おすすめ商品